女性起業UPルームHOME > 塾生・卒業生がんばってます > HPから集客ができるようになったから「場所」を持つ勇気が持てました

HPから集客ができるようになったから「場所」を持つ勇気が持てました

【母乳育児相談開室されたそうです!】
2017度の女性起業家たまご塾第11期に参加されてた、助産師やないめぐみさん。

保土ヶ谷区星川駅近くの場所に、母乳相談や産後の育児相談室として助産院を開室されるそうですよ〜。


後期のホームページ設計コースを終了後も、改善点のために「ホームページ相談」に何度か来てくれてましたが
「Word Pressで作ったサイトから集客が出来るようになったことが自信になって場所を持つ勇気が持てました。」と嬉しいお葉書を頂きました!

 

img_smilebaby.jpg

 

たまご塾に参加前から、
ご自身で自作のWordPressのサイトを運営されていたりしたのですが、集客が今一つ・・・

 

そのため、女性起業家たまご塾前期コースで資金計画を、後期コースで検索エンジン対策も含めてホームページの見直しをされて、まずは出張訪問専門の母乳マッサージとして集客ができるようになられました。


穏やかな印象ながら、個別にお話すると、助産師のネットワークの中でも色んなムーブメントを起こしたり勉強会を立ち上げたりと、「産後のママの育児を助産師として確かな知識と技術でサポートしたい!」という熱い情熱をお持ちの方なんです。

たまご塾後期の最終日のプラン発表でも、急に熱が入って熱く語り出されたのを見て、たまご塾の仲間もびっくり!

「それ、サイトに書いて伝えようよ〜」

なんてお話ししたのを思い出しました。

 

助産師さんのお仲間と二人で立ち上げた助産院は「スマイルベビー」という名称です。

一度、ご自身でホームページの立ち上げをやっているので、もう一つサイトを立ち上げるのもばっちりですね!

 

今回、一目ぼれに近い形で、星川駅にも近く、保土ヶ谷区役所にも近い場所にサロンを構えられることにされたそうなのですが、場所を持てば、すぐにお客さんがたくさん来てくれる、というわけではありません。

 

これまでのやないさんの訪問出張サービスの利用者さんのリピーターや、これまでのサイトからのご依頼がビジネスを支えています。

 

よく、起業相談の中では「場所を持って こういうサービスをしたい。」というアイデアを伺いますが、

本当に場所がないと出来ないサービスは一部。

飲食店など認可や許可の関係で「場所」が必要なもの以外であればたいてい、店舗を持たずに小さく始めてみることができます。

 

デパートがそうであるように、今はいい場所に店舗があってもつぶれる時代。

 

店舗があるメリットと、ネットでの集客と、それぞれの良さを組み合わせを考えながらビジネスをするのがいいと思います。

 

Q.自宅の場所が駅から不便で集客できないんです。

⇒ お客さんを駅まで送迎サービスをしているサロンやお教室もありますね。

 

Q.自宅の場所が使えないです。

⇒ レンタルスペースも 今は1時間1,000円程度~借りられる格安なものがたくさんあります。

 

Q.レンタルスペースだと、荷物の運搬も大変でだし、レンタルスペースだと人数が少ないと赤字になります。

⇒ 赤字にならない単価と集客人数を集めることを目標にしましょう。

 

「自宅での限界」が見えているなら、「外に場所を持つ」方向に進むしかありません。

その時、「いきなり場所を持つリスクを負えない」、と考えるなら

レンタルスペースやカフェなどで開催することは、次のステップとなります。

 

「自分の場所」ほど、便利ではないし、大変だし、自宅よりも利益は減っちゃうし。

 

そうグルグル回って、足踏みしてしまう方は多いようです。

 

最初から理想とする環境でなくても、ビジネスを成り立たせている人はいますし、

横浜、鎌倉あたりの場所にも、千葉や九州や関西からお客さんが来るようなサービスを提供している人もいます。

 

なかなか、家族のことも含めて、なかなか環境が整わないことも多いと思います。

 

それでも、

「○○がないから出来ない」ではなく

「どうしたら、こんな環境の中でもできるのか?」

という問いかけで、進む方向を見つけていけるといいですね。

 

 

 

やないさんも、今回、念願の場所が持てたことで、

母乳マッサージだけでなく、育児サポートのための色んな講座やサービスメニューも提供していきたいなど、ぐんと夢に近づきました。

早速、ここの場所を活用したコラボの打診などもあるそうです。

 

これからのご活躍が楽しみです!

 

 

個別の起業相談のご利用、お待ちしています。

≫ 起業準備相談のご利用はこちら

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵