女性起業UPルームHOME > 塾生・卒業生がんばってます > たまご塾6期 小島華子さんが駄菓子屋をオープン!鶴見市場駅前「子どもの店」

たまご塾6期 小島華子さんが駄菓子屋をオープン!鶴見市場駅前「子どもの店」

女性起業家たまご塾6期の修了生で

社会起業スクールにも 参加してくださっていた 小島華子さん。

 

ご自宅を改装して ついに 念願の 駄菓子屋をオープンされました!

 

Facebookでは たまご塾同期の方が 写真をアップしてくれていたので

許可を頂いて 掲載させてもらいます^^

 

横浜 鶴見区 駄菓子屋

 

タウンニュース 鶴見区版で 紹介されている記事によると お年は 67歳になられているそうですが、

 

明るさいっぱいで、

「儲からないのは わかってるけど 駄菓子屋やりたいねん!」が口癖。

 

子どもに人気の駄菓子の代表格 「うまい棒」は 普通 10円の販売価格。

その仕入れ価格を聞いて さらにびっくり!

たまご塾の 資金計画の課題には 本当に頭を悩ませて いらっしゃいました。

 

けど、地域の居場所づくりをしたいという夢もあって、

ついに オープンされました。

 

明るくて 健康的で 子どもを遊びに行かせても安心な いい雰囲気のお店になってますね~。

近所のおばちゃん おじちゃんの やさしい雰囲気があふれる

小島さん夫妻も 素敵です。

 

 

地域の方にも

「こんなお店が欲しかった」と言ってもらえたそうで、

 

夏は「かき氷」で ずいぶん 子どもたちでにぎわったそうですよ~。

 

タウンニュースでも こんな形で紹介されたそうです。

⇒ タウンニュース 鶴見区版 人物風土記 小島華子さん

 

今 夏の かき氷を終えて

秋、冬に向けて 何をやっていこうと

知恵を絞っていらっしゃるところ というので、

 

先日、 暁靴工房の モカシンづくりのスタートアップサロンの途中、

黙々と作業されているみなさんに ちょうどいいので 聞いちゃいました^^

 

 

「焼き芋なんて いいんじゃない?」

「おやつにも うれしい タコ焼きとか?」

「綿菓子もいいなぁ」

「タイ焼きかな~」

「おでんもいいかも~ ついでに 一杯とか(笑)」

「あ~ いいね~♪。」

 

「でも 一応 お店の名前 『こどもの店』っていうんですけど・・・」(← 私)


「じゃあ 夜になったら『昭和のこどもの店』 に看板変えるとか!」 

「『昔の子どもの店』とかね~」

 

などなど みなさん 駄菓子屋さんのアイデアに沸いてました^^

 

「昔は 「パックマン」とかで遊んだね~」

 

「最近の子どもは 電子ゲームばかりで遊んでるから

「スマートボール」みたいな アナログなゲームで遊ばせてくれるといいなあ。」(← 私)

 

・・・  「スマートボール」 古すぎて みなさん知りませんでした(汗;)。

知らない方は Googleで検索してみてね。

ちなみに、私も 現役で遊んだ世代ではありません。 大阪の新世界で 遊んだことがある程度ですよ~。

 

そんなこんなで

 

あるだけで 大人も子どもも 和まされる 駄菓子屋さんって なんだかいいですね!

 

いろんな方が関わって 続いていくような お店になるといいなぁと思います。

 

 

鶴見市場にお立ち寄りの時は のぞいてみてください。

 

駄菓子屋 「こどもの店」
営業時間は午後1時から6時まで
場所は京急鶴見市場駅下車徒歩1分!
住所は
横浜市鶴見区市場大和町8-2
電話番号は045ー501-3876
駅から すぐ! なんだとか^^
小島さんによると
「京急鶴見市場下車
国道15号線の方の階段をおります。
降りたところに牛丼のすき家とオリジン弁当があります。
オリジン弁当のお店に沿って左側に行くと突き当りが
こどもの店です。」
とのこと。


大きな地図で見る

迷われた方は お電話で聞いてみてください。

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵