女性起業UPルームHOME > 塾生・卒業生がんばってます > 食で起業した60代のガールズトークに、食のいろはの大竹さんがパネリスト

食で起業した60代のガールズトークに、食のいろはの大竹さんがパネリスト

都筑区で 食で起業したい方の スペースやチャンスを提供している 「みんなのキッチン」の有澤さんより

下記のご案内を頂きましたのでご紹介します^^

UPルームの利用者さんで、フォーラムでも 「お腹が減ったら自分で作って食べられる 子どもに」

と食育を目的とした料理教室を 開催されている 食のい・ろ・は の大竹斎子(いつこ)さんさんも登壇されます。

 

60代を ロクマル世代 と呼ぶのでしょうか?

人生の知恵を蓄え、まだまだ体力と気力あふれる ロクマル世代の女性たちのご活躍は

とっても 期待できますよね!

 

以下ご案内です。

 

 

 

横浜野菜を使ったランチ付き

ロクマル世代(60代)のガールズトーク

「60歳からは、仕事でもボランティアでもない働き方!」

 

 

みんなのキッチンでは、ロクマル世代(60代)の調理チームが大人気です。今回は、60代前後から食関連の資格を取ったり、仕事に取り組んだりしている3名をお招きして、実践報告と日ごろの奮闘振りをお聞きします。60代までまだまだの方も、過ぎた方もご参加を!

 

□日時:11月13日(火) 午前10時30分~13時

□会場:みんなのキッチン (横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩4分)

□内容:トークセッションによる事例報告、交流会&ランチタイム

60代からのミニスキンケアレッスン(10分間程度)

全部まとめて1500円

□主催:みんなのキッチン

□協賛:株式会社ファランドール(天蚕シルクから生まれたスキンケア化粧品)

協力:日本野菜ソムリエ協会ほか

 

パネリスト紹介(50音順)

◎大竹斎子(いつこ)さん

食のい・ろ・は主宰 はまふうどコンシェルジュ、食生活アドバイザー。調理師免許を取得し、保育園に勤務するなかで、生活者としての食の大切さを実感し、「食のい・ろ・は」を立ち上げる。子ども向け料理教室主催、講演活動等。57歳

◎波多野由紀子さん

事務職を経て、60歳を機に、長年の夢だった食の仕事に就きたいと、食品衛生責任者 女子栄養大学通信教育職業専門コースを修了する。現在、社員食堂で働きつつ、実践を積む毎日。覚えることが多く、毎日が夢中のうちに過ぎていく。62歳

◎廣瀬啓子さん アクティブ野菜ソムリエ、食育マイスター、ジュニアパンアドバイザー  料理教室講師歴35年。 ジャンルを問わず、家庭料理全般、パン、ケーキまで。 地域密着型で「食」をとらえる。伝統食、行事食を次世代への伝承を心がけている。

 

予約・問い合わせ:みんなのキッチン ≫ みんなのキッチンHPへ

 

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵