女性起業UPルームHOME > 女性の起業事例の紹介 > 事例紹介Vol.4インテリアコーディネートまでお任せ!整理収納サポート

事例紹介Vol.4インテリアコーディネートまでお任せ!整理収納サポート

インテリアコーディネート整理収納サポート。

資格を取得後、実践する先輩の元で実践後、HPで集客開始。鈴木 君枝さん。

 

住空間収納プランナー

住空間収納プランナー『suzukuri』

 

 

たまご塾第5期生


インテリアメーカー、都内インテリア家具ショップ店長からの独立開業

今のお仕事について、教えてください。

住空間収納プランナーとインテリアコーディネーターの資格を活かし「住空間収納プランナー」として、「整理整頓」、「片付け」、「収納」のサポートをきっかけに、より快適性、デザイン性の高い住空間を作るお手伝いをしています。

なぜ、起業しよう思ったのですか?

長くインテリアや輸入家具などの仕事に携わり、都内インテリア家具店の店長を任されるまでになっていましたが、会社の業務縮小に伴い、雇用形態が変わり退職を決意。それを機に独立開業を考え始めました。

基本知識習得のために資格を取得、その後、先輩の元で実務を学ぶ

起業スタートされるまではどのような準備をされましたか?

たまたま、「『整理・収納』は人の『癒し』になる」という考え方に触れる機会があり、インテリアにもつながることから「片付けサポート」をすることに興味がわきました。 そこで整理収納関係の資格を最終段階(講師レベル)まで取得しました。 基本知識も学べ、お客様にも信頼を持っていただけるという意味で資格取得は役に立ったと思っています。 ただ、講座の内容はテキスト上での勉強です。その後、同じ資格を持ち、先に独立されている方の現場を手伝い、実際の接客やサービスの流れを学ぶ機会を頂いて実務経験を重ねました。

知り合いからの依頼に始まり、徐々にブログやHPからの依頼が入る

実績のないところからのスタートでどのように集客されましたか?

先輩の元で実務を学びつつ、徐々に自分で集客するための準備をしました。最初は知り合いを通して、収納整理のご依頼を頂いたりしてスタートしましたが、ブログの運用を始め、たまご塾後期コースの流れに沿ってHPを準備しました。HPは試行錯誤しつつ、自分で作って運営しています。たまご塾の仲間と合宿(!)したりして、励まし合いながらがんばりました。

ブログでお客様の先でのBefore、Afterを掲載して仕事ぶりを見て頂いたり、HPを充実させていく中でインターネットを見てのご注文も入ってくるようになりました。今はネットからの集客とお客様によるご紹介、その両方でご依頼を頂いています。

先日は大手家具店がスポンサーのBSの番組にも出演されましたね!

はい、出演依頼を頂くにあたって、同業者の方が何人か候補にあがったそうですが、私自身インテリアコーディネートの経験や家具店での経験があったことが決めてになったそうです。プロフィールをきっちり載せていくことは大事ですね。

お仕事のやりがいと今後について

お仕事のやりがいについて感じていらっしゃることはありますか?

「片づけたいのに片づけられない」そんな悩みを抱えている方は多いです。「モノを捨てられない」という方には基本、無理強いはせず、お客様に決めていただくようにしていますが、実際、ご依頼いただいたお客さまが、気持ちの上でもすっきり明るい表情になられて喜ばれるのを見ると、「お片付けは『癒し』になる」を実感していて、やりがいを感じている毎日です。

今後についてどんなことを考えていらっしゃいますか?

まだまだ、整理収納サービスを頼もうとする方は一部ですが、「お片付けを人に頼んでもいいんだ。」という認識も少しずつ浸透してきているように思います。また、お部屋が片付くことでカーテンや家具を買い替えたい、収納家具を増やしたいなどのご要望につながります。 単なる「片付け」にとどまらず、「快適で心地よい住まいづくり」をサポートできるコーディネート会社にしていきたいと思います。

資格を取得しての起業のご相談は多いですが、必ずしも資格を取得すればうまくいくものという訳ではありません。これまでのお仕事の中で築いてきたキャリアが活きる形で、必要な知識を効率よく網羅して学び、お客様からの信頼を得るという目的で鈴木さんは資格を取得されました。また、サービスの現場経験については資格講座では学べませんから、先輩について経験を踏まれたのも起業後のお客様の満足につながっているのだと思います。お客様の喜びをやりがいに感じてイキイキお仕事されている姿は素敵ですね。

起業ストーリーイメージ

(文:女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝ゆき子)