女性起業UPルームHOME > スタッフ日記 > シンガポールからマイクロソフト社の視察をお迎えして

シンガポールからマイクロソフト社の視察をお迎えして

「女性起業UPルームスポンサーのマイクロソフト?視察のみなさまとタント君
左から、社会貢献部竹原部長、アジア地域担当社会貢献・統括ディレクターのローリー・フォアマン氏、UPプログラム担当の田仲氏」

日頃から 女性起業UPルームをご支援くださっているのは
マイクロソフト(株)の社会貢献部の方がたですが、

その社会貢献部をアジア地域で統括している部署が シンガポールにあるそうで

昨日 女性起業UPルームに
そこの統括ディレクターのローリー・フォアマン氏が視察にいらっしゃいました。

昨年度受講された方がたの様子や プランの内容などご説明しましたところ
色々な多彩な ビジネスプランに

『エクサイティング! ビューティフル! ハウ、ナイス! 
 インタレスティング!』

の感想を たくさん頂きました。

(聞き取れる英語がこんなとこで すみません^^;)


着物友禅の絵柄を手描きした 「手描き子ども服のあっか」など
海外に住む方に どう評価されそうか ご意見伺うことができて 
とても興味深かったです。

『太鼓判』押してくださいました。

マイクロソフトも含め 企業は 大きなお金を出して たくさんの物を買っている。

ビジネスユースで考えれば 需要がたくさんあると思うそうです。

たとえば 首から下げるネームタグひとつだって
こんな 犬の首輪みたいなものでなく
タイシルクだったら なんて素敵! っと

「クイーズタイシルクの帯」の三上さんのプランを見ておっしゃっていました。

女性の視点で考えると 
オフィスでの需要は なかなか 私たちは 身近に感じにくいけれど

法人向けにも 商品を考える視点があってもいいのかも知れません。


そんなこんなで アドバイス頂きながらも

みなさんのアイデアは 「エクセレント&エクサイティング!」 

とお誉めでしたです。

日本だけでなく
他のアジアの国でも 女性の起業支援は なさっているそうで、

他の国の女性たちにも 負けないように みなさま がんばりましょう~。

(ナビゲータ よし枝ゆき子)