女性起業UPルームHOME > スタッフ日記 > 女性で農業を始める方が こんな身近に・・・

女性で農業を始める方が こんな身近に・・・

女性起業UPルームを利用してくださっている方で、

ブログやホームページをお持ちの方たちを 

一挙に紹介するサイト「UPルームクラブサイト」を準備中です。

 

「そうだ! あの方にも お声かけよう。」

と メールソフトで過去メールを検索しようと メールの検索キーワードの欄に

苗字を入力した 

そのまさに 瞬間に

「こんにちは~ ご無沙汰しています 」って その方が 目の前に入っていらしたら

びっくりしますよね!

 

って、

まさに そんなことを さっき UPルームで 体験して

心臓 止まりそうになりました!

いや~ ほんと びっくりです。 なんて偶然!

 

それも とっても 久しぶりの方なので・・・

なんで このタイミング? っていうくらいです。(笑)

(これって ついてる証拠ですかね )

 

現れたのは、

横浜 ゆめ ファーマーにも登録された農家さんで、

雑誌や食育、コミュニティビジネスのイベントにも とご活躍の

ユアーズガーデン 門倉 麻紀子さん 

http://yoursgarden.blog39.fc2.com/

 

ポップコーン用のトウモロコシを こんな形にして 見せてくださいました。

「これ 子どもたちに大人気なんですよ~」

 

pic_popcorn.jpg

なるほどー。 

バラバラになった ポップコーンのコーンがビニール袋や瓶づめにされているのを見たことはあっても、

こんな形では なかなか みかけませんよね。

子どもは これを見てはじめて ポップコーンは とうもろこしなんだ! って実感するわけですか。

 

いつもながら、アイデアが豊富で おしゃれで いらっしゃって すばらしいなと 感心いたします。

元スチュワーデスさんでいらっしゃったりする そのギャップからくる 発想の豊かさなんでしょうかしら。

 

農園には いろんな種類の野菜や果物が植えられていて、 食育体験で 子どもたちや大人が訪れるそうです。

小麦も  大豆も 品種にこだわり、 試行錯誤を 重ねながら 農法にこだわって 丁寧に作っていらっしゃいます。

こだわりのパン屋さんからも ご依頼があるそうですよ。

 扶桑社のWeb マガジン EFiL(エフィル)でも ブログを連載されています。

  → Web マガジン EFiL(エフィル) 門倉さんのブログはこちら

 

・・・と一方で、

江ノ島アジア映画祭のお知らせを頂いて 

拝見した 「江ノ島 アジア映画祭実行委員会」のサイトが

今度 セミナーをする マイクロソフトのOfficeLive Small Businessで作っていらっしゃったので

これは ちょうどいい! 今度のセミナーで 事例としてご紹介させて頂こうとメールをしました。

  → かながわ女性センター「江ノ島 アジア映画祭」についてはこちら

  → 「江ノ島 アジア映画祭実行委員会」のHPは こちら

 

そしたら お返事くださった実行委員長なさっている齊藤さんという女性が

 「実はこちらが 本業で・・・」と 教えてくださって 拝見したサイトも、(こちらも Office Liveで作っていらっしゃいました!)

昨年から 農業を始めて 湘南地域で 移動販売をなさっているというサイトでした!

  → エコな生活をお届けする 湘南野菜の移動販売 Coup de Coeur

 

 

 農業は これから もっともっと 生まれ変わっていきますね。

それも、 消費者の 女性の視点で。 

注目度 大です! 農業は きっと 面白くなる! 

 

 ・・・ と思いませんか?

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ よし枝ゆき子)よし枝にがお絵

2009-1-28

コメント(2)

 

コメント

uproom 2009-1-29

はい、先週 Nice(起業家を応援するSNS)の増田紀彦さんの講演をお聞きしましたが、マッスー先生も話の結論に、そんなことをおっしゃっていましたよ。これから、地方の農業や第一次産業と都市が結びつく起業が希望のつな、、、と。おいしいもの、素性のわかるもの安心なものを届けてくださるおしごと、すてきですね!
UPルームクラブサイトも、楽しみです。「クラブサイト」に蟹さんのチョキチョキを連想してしまうのはわたしだけ・・・?

SLECsaito 2009-1-29

ポップコーンのラッピング、本当に素敵です。インテリアにしたくなりますね。
先日テレビで、農家さんの畑にでかけた栗原はるみさんが、「恥ずかしいけど、さといもがこんなふうにできているのを今初めて知った」とおっしゃってました。
自分たちが食べているものが、本来どんなふうな形をしているのか、知る機会って意外と少ないですよね。