女性起業UPルームHOME > スタッフ日記 > 2/27金曜夜、コミュニティビジネス交流会&事例発表会

2/27金曜夜、コミュニティビジネス交流会&事例発表会

よこはまCBsmilesさんからご案内をいただきました。


<<横浜のコミュニティビジネスの未来を読む

~コミュニティビジネス交流会&事例発表会開催!!>>


地域密着活動・事業の発想・活動のヒントを見つけよう!

今年度も、コミュニティビジネス(地域密着活動・事業)の交流会&事例
発表会を行います。
今回は、パンドラの会代表の岡部さんを講師にお招きして、障がい者就労
促進と経済的自立について事例紹介をいただきながら学びを深めたいと考
えています。
また、チャレンジコミュニティビジネス支援事業認定証の交付や横浜市内
5事業者の事例発表、交流会(懇親会)、ちらしセッションなども同時開催されます。

障がい者雇用や地域福祉作業所、コミュニティビジネス等に興味のある
方、すでに実践している方是非ご参加下さい。


●日時:2009年2月27日(金)18:30~20:30(開場18:00)
●場所:横浜情報文化センター6F情文ホール

●参加費:無料
(第3部交流会参加の場合は、実費負担3,000円(予定)となります)
●定員:先着200名(第3部交流会は先着30名)
●お申し込み:要事前申し込み(2/20までにお申込み下さい)
●主催:よこはまCBsmiles、横浜市経済観光局
●共催:広域関東圏CB推進協議会、(財)横浜企業経営支援財団



■第1部 18:30~ 認定証交付式&事例発表

チャレンジコミュニティビジネス認定証交付式と共に、
横浜の5つのコミュニティビジネスの事例発表を行います。

■第2部 19:15~ コミュニティビジネス基調講演&トークセッション
・基調講演「楽しいビジネス!」
岡部扶美子氏
(特定非営利活動法人パンドラの会代表理事)

障がい者が、生き生きと生活できるノーマライゼーション社会の実現
を目指し、愛知県刈谷市で「おかし工房パンドラ」を運営する岡部さん。
デザインやパッケージ、接遇などにもプロの意識を高く持ち、障がい者
のお菓子作りを通して、障がい者就労促進と経済的自立を両立して、
デンソーやアイシン精機といった地域の企業連携を行い、売り上げと雇
用を伸ばしているパンドラの秘訣と想いを語っていただきます。

・トークセッション
CB支援で全国を駆け巡る柳田氏が、パンドラの会の素顔と事業のコツに迫
る!
岡部扶美子氏×柳田公市氏(広域関東圏コミュニテイビジネス推進協議会幹事)

***講師プロフィール***
岡部扶美子氏(特定非営利活動法人パンドラの会代表理事)
幼稚園教諭を11年経験し、長男出産を機に退職。1996年、
知的障がいの子どもをもつ親11人が雇用の場を設立しようとパンドラの
会を結成、代表者になる。自身も知的障がいの子どもをもつ親でもある。
今年度経済産業省地域新事業移転促進事業として、他地域へのノウハウ
移転も実施中。
ワンモアライフ勤労者ボランティア賞受賞、愛知県知事賞受賞、
「障害者雇用障害福祉優良事業所」、
第1回愛知県コミュニティービジネス優良事業所認定など
特定非営利活動法人パンドラの会  
http://www.npo-pandora.com/

柳田公市氏(広域関東圏コミュニテイビジネス推進協議会幹事)
特定非営利活動法人ナレッジネットワーク理事長
http://www.NPOKnowledgeNetwork.org/
早稲田大学エクステンションセンター講師
城西国際大学大学院兼任教員、関東ICT推進NPO連絡協議会幹事

■第3部 20:45~22:30 交流会

コミュニティビジネス実践者や、支援者、専門家の方々と自由な語らい
や情報交換など交流の場を楽しみませんか?
場所:ランチャンアベニュー(横浜情報文化センター1F)
 
http://lunchanavenue.jp/



ちらしセッション~あなたの活動・事業紹介しませんか?■
 今年度も当日会場ホール前にて、地域作業所やCB事業関連のチラシ・
事業紹介など展示スペースを設置いたします。PRにお使いください。
 広報物をお持ちいただく場合は、申込時にご連絡下さい。


お申込み/問合せ

よこはまCBsmiles(事業主体:NPO法人市民セクターよこはま)
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
 E-mail:
info@cbsmiles.jp
http://www.cbsmiles.jp/contact/
チラシは http://www.cbsmiles.jp/pdf/yokomirai.pdf