女性起業UPルームHOME > これまでのセミナー > 【報告】「60歳で家屋リフォーム事業を立ち上げ」た菅井陽子さん

【報告】「60歳で家屋リフォーム事業を立ち上げ」た菅井陽子さん

RIMG0004.JPG

 

10月1日夜は 還暦・菅井陽子さんをお招きしての起業体験談サロンでした。

(記念写真は サロン終了後、ご参加のみなさんとパチリ!)

 

平日夜にもかかわらず 

「自分のビジネスの参考に」「しごとの転機を考えていて」「カツを入れてほしくて」

などなどとおっしゃり、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

菅井さんは 42歳でなんと主婦から家屋解体業に入り、個人事業主⇒のち有限会社社長として

家計を支えつつ 家族の背負ったなんと1億円の借金を返し

「思い出事業部」という 一人暮らしの方などのお部屋と遺品整理のしごとをプラスし

今回は大病をなさった後 新たに大好きな家屋リフォーム事業を起こされました。

JR東戸塚の駅の近く、妹さんらの経営する牧場とアイス工房メーリア(おいしかったです)の

となりに今年 リフォーム住宅展示場もつくられました。

「クロスひとつでも実際に見てもらって 家が生き返るのを納得してもらいたいから」と。

フローリングと調和する、段差のない琉球タタミの和室や 骨董家具も置いています。

 

ホームページはこちら 

http://www.sugaisyokai.com/

 

菅井陽子 語録 より ほんのすこし・・・

・ご縁があった方を大切に、「このしごと、ほかの人でなくあなたにお願いしたい」といわれるように

誠心誠意 やってきました。事前の打合せをていねいにし、言葉遣いもタメグチでなくきちんとし、

作業が終了したらその日のうちに報告する、など 

考えればあたりまえのことですが 意外にできない方が多いんですよ。

・みなさん 狭い家にたくさんのものを詰め込みすぎていらっしゃる。ものは少なく、身軽に広々暮らしましょう。

(大勢の声 「耳、痛!!」)

・あたらしいことを始めたら 3年は種まきの時期。でも営業は相手先ごとにやり方を考える。私の場合なら

住宅メーカー1社1社がどういう特長があって何を大切にしている会社なのかよく考えて それにあわせた

ご提案を持ってじっくりアプローチします。

 

相手を理解しようと努力して近づく。 すべての基本でした。

ありがとうございました。

 

2008-10-02

コメント(1)| トラックバック(1)

コメント

菅井陽子 2008-10-02

昨日は色々とご配慮戴きまして本当に有難う御座いました、私の人生普通の方なら絶対に乗り越えられない様な試練が次々と襲ってきていつも何時も何故何故の繰り返しです、でも思わぬ所から強い新しい
暖かい運の強さを戴いて決まっていたかのように
新しい道が開けてきます
此れから先の楽しい老後を目指して後もう少し
頑張ってみようかなっーと思えるように成りました
今後も何か御座いましたら声を掛けて下さい。

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【報告】「60歳で家屋リフォーム事業を立ち上げ」た菅井陽子さん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.uproom.info/mt4/mt-tb.cgi/307

40代真っ只中 今が青春、文句ある? - 起業体験談サロン (2008年10月 2日 15:13)

戸塚の男女共同参画センター横浜(フォーラム)で、MMクラブ21メンバーだったSさんの起業体験を聞く機会があったので参加してきました。 戸塚のフォーラ... 続きを読む