女性起業UPルームHOME > セミナー・イベント情報 > 「女性のためのUPプログラム」報告会9/12

「女性のためのUPプログラム」報告会9/12

女性起業UPルームを日ごろより応援くださっている
マイクロソフト㈱、全国女性会館協議会からのご案内です。
 
「起業家たまご塾」第1期生のさくまりえこさん(うちの子がかわいくみえるクマ「TANTO-GUSTO」デザイナー&ネットショップ店長)も事例プレゼンターとして出演します。参加は無料です。
みなさん、どうぞお申込みの上、いらしてください。
 

「格差社会における女性支援のあり方を考える」
~女性のためのUPプログラム全国版報告会~

日 時2008年9月12日(金)13:30 ~ 16:30(開場13:00)
場 所主婦会館プラザエフ7 階カトレア
(東京都千代田区六番町15 番地 Tel. 03-3265-8111)
参加者女性問題に取り組む公益団体、企業、行政、研究者等
主 催全国女性会館協議会、全国女性シェルターネット、マイクロソフト
参加費無料
申 込※締切は2008年 9月5日(金)9月10日(水)まで延長します。

メールフォームからのお申し込み
  » こちらから

FAXからのお申し込み
  » 参加申込書をダウンロード
  (2ページ目の申込欄にご記入の上、FAX送信をお願いします)
  FAX送付先: 03-6426-1701(全国女性会館協議会)

 広がる格差社会の中、母子家庭の女性や、DV(ドメスティック・バイオレンス)被害を受けた女性など、社会的・経済的に困難な状況にある女性は、ますます厳しい社会環境に置かれています。こうした女性の就労、社会参画を後押しし、女性の自立につなげるため、全国女性会館協議会、全国女性シェルターネット、マイクロソフトは2006 年より「女性のためのUP プログラム全国版」を実施しています。これまでに全国70 個所、約2000 人以上の女性たちに、IT 講習、就労支援を行ってきました。

 本フォーラムでは、事業の成果を報告するだけでなく、女性支援における現状や、課題を整理するとともに、課題解決に向けた公益団体、企業、行政のパートナーシップのあり方を検討し、格差社会で困難な状況にある女性への支援の輪の拡大を目指したいと考えております。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※ UPプログラム(UP-コミュニティITスキルプログラム)とは、これまでIT を活用する機会のなかった方々に対し、IT を活用して社会参画や就労の機会を広げていただくお手伝いをするマイクロソフトの社会貢献プログラム。

プログラム

13:30■開会
■基調報告1 マイクロソフトの取り組み、パートナーシップの経緯
伊藤ゆみ子(マイクロソフト法務・政策企画統括本部長・弁護士)
■基調報告2 事業成果、課題、事例発表(地方女性センター、女性起業たまご塾)
青木玲子(全国女性会館協議会常任理事、埼玉県男女共同参画推進センター事業コーディネータ)
近藤恵子(全国女性シェルターネット共同代表)
14:45■パネルディスカッション格差社会における女性支援とは
~女性支援を持続的に広げていくための公益団体・企業・行政のあり方~


パネリスト
蟹瀬令子(レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社代表取締役社長)
板東久美子(内閣府男女共同参画局長)
廣岡守穂(中央大学教授)
桜井陽子(全国女性会館協議会常任理事、横浜市男女共同参画推進協会理事・統括本部長)

ファシリテーター
岸本幸子(パブリックリソースセンター事務局長)
16:00■交流会


【お問い合わせ先】
全国女性会館協議会
E-mail: forum@j-kaikan.jp
Fax:03-6426-1701
(お問い合わせはメール、Fax のみとなります)