女性起業UPルームHOME > よくあるご相談&回答 > WordPressによるホームページ作成を支援する理由

WordPressによるホームページ作成を支援する理由

 

「ホームページってどのように立ち上げたらいいんですか?」

というご質問をよくいただきます。

 

中には、

「知り合いの美容室さんに聞いたら 100万円かけて立ち上げたと教えてもらって

とてもお金がかかるものだと思っていた。」

という方もいらっしゃいます。

 

よく、ご相談の中では ご自身の状況をうかがって 選択肢をお伝えしています。

 

・かけられる予算

・ご自身のパソコンのスキル

・ターゲットのお客さんがどこで情報収集しているか

・競合との兼ね合い

・起業のステージ

 

によって 選択肢はいくつかあります。

 

個人客に向けて、とりあえず お金をかけずにできるのは

アメーバブログなどの無料ブログ。

デザインを少しカスタマイズできれば ある程度、ホームページ代わりの集客の手段となっている方もいます。

 

ただ、無料ブログの難点は、広告が入ったり、

記事が埋もれやすくて サービス内容や価格、連絡先、など 案内したい内容をすっきり説明するには

ホームページが必要になってくる場面があります。

そうなってきた時に選択肢になるのが

Jimdo やWix など無料で簡単に立ち上げられるホームページ作成のクラウドシステム。


 

パソコンが苦手だけど、簡単なホームページを持っておきたい という方が

とりあえず 第一段階として立ち上げるホームページとしては おすすめできます。

 

 

ただ、多くが10ページ程度のホームページになり、ブログの機能も充実していないため、

これだけで検索上位表示を目指すのは難しいこと。

簡単にいじれる代わりに機能が制限されていて、デザインの自由度が限られたり。

無料の範囲では、○○.jimdo.com などのドメインになったり、

独自ドメインを利用するとなると 有料版に移行する必要があったりします。

 

 

 

それを考えると

やはり 最終的なホームページのツールとはなりにくく

 

 

その中で ブログ型のホームページ「WordPress」でサイトを立ち上げる方が

世界的にも増えています。

シェア30%以上とも。

 

 

【WordPressのメリット】として

・レンタルサーバー代(月額250円~)で運用できる。

(独自ドメインを使ってもドメイン使用料の実費年間1300円程度のみ)

WordPress自体は無料

・ブログとホームページの機能が一体化しているので、自分で記事を追加することで

情報満載のサイトとなり、検索エンジン対策ができる。

有料、無料のテンプレートを利用することで、イメージに近いサイトを立ち上げやすい

・レスポンシブ対応のテンプレートを選ぶことでスマートフォン対応も可能

・世界的にもシェアが高い標準ツールなので、対応できる技術者も多い。セミナーや本も多数。

・多くが無料提供されるプラグインという追加プログラムを追加することで、便利な機能が追加できる。

 

 

簡単にホームページが作れる というツールも

有料版になると、毎月かかる費用は WordPressより高くなるものがほとんど。

機能が制限されるのに、高いものを使い続けるのは もったいないなぁと思います。

 

 

ただ、【WordPressのデメリット】として

初心者が、自分で立ち上げるには、技術的なハードルが高め。

 

なので、

たまご塾後期のホームページ設計コースの中では、

WordPressのサイトの立ち上げを 実習の中に盛り込みました。

 

WordPressは 自分で メニューの掲載内容などの記事を入れ込んでいけるので

サイトの構成を考えながらサイトに表現していくのが とてもやりやすいツールなんです。

 

集客できるホームページを立ち上げるには集客のプランに基づき「ホームページに何を盛り込むか」

を考えることが大事。

 

 

WordPressのセミナーに出ても

WordPressでサイトを委託して作ってもらっても

 

この集客プランとかみ合っていないと 結果が出るサイトにはなりません。

 

 

女性起業家たまご塾 後期ホームページ作成コースでは

昨年度よりWordPressによるサイトの立ち上げをコースの実習の中に盛り込んで開催しています。

(第11期の参加申し込みは2017年9月13日(水) 9月18日まで延長しました!12:00まで。)

≫ 内容について詳しくはこちら