女性起業UPルームHOME > よくあるご相談&回答 > 事業の方向性がなかなか決められない時には...

事業の方向性がなかなか決められない時には...

最近のご相談の利用者の方から頂いたご感想を

ご本人の許可を頂いて ご紹介させていただいています。


「先日はとても親身に相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。


吉枝さんがいろいろな角度から多数のビジネスを提案してくださったのに、

否定的な返答ばかりして申し訳ありません。


ですが、吉枝さんとお話ししたことで、○○○関係のビジネスを行う上で

何が自分にとってストレスとなるか(結果、長続きしないか)がわかり、非常に勉強になりました。

やはり第三者の目(自分と違った角度からの視点)は、ビジネスプランを考える上で大事だと思いました。


またご相談させていただくことになるかと思いますので、その際はどうぞよろしくお願いします。」

(O.M 様)

 

起業準備相談では、いろんなビジネスの方向性について 先行事例も含めてご紹介しています。

 

同じスキルを活かした同じ分野の起業においても、

何を大事に事業を行いたいのか、事業主の想いによっては

まったく違うビジネスになるものです。

 

方向性をより明確にするためにも、

ぜひ、いろんな成功事例を調べたり、研究してみてください。

 

「これは自分が目指すものとは違うな」 と気づくことでも

また一つ方向性が 絞れてきますので 決して無駄ではありません。

 

 

最初から 成功への道筋が見えることは なかなかありません。

 

 

情報収集したり、

人に意見をもらったり、

インターネットで調べたり、

 

その中で、「この方向が 可能性がありそうかな?」と思ったら

まずは 動いてみるのも 大事なこと。

 

この方の場合、

めずらしい海外経験をお持ちでしたので いろんな可能性にあふれていらっしゃいました。

 

ご相談の後、ちょっとした 声かけをもらって

まずは、利益はさておき、トライしてみることにされたそうです。

 

たとえ そこで 利益が出なくても、

トライしてみたことから 得られることは必ずあるはずです。

 

「普通にやったら 利益は出ないんだな。」と 気づくことも まずは 大きな一歩ですね。

 

お客様からフィードバックをもらえるチャンスは、 たとえその時の利益は少なくとも

将来のビジネスにつながるものが得られる貴重な機会です。

 

そこから、知恵を絞って

より付加価値を高めて 利益を得られる方向性をみつけるように考える、

次のトライにつながるといいな、と思います。

 

アイデアの整理にも 起業準備相談 ご利用ください。

利用後のアンケートでも、高い満足を頂いています。

 

≫ 起業準備相談については こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日はとても親身に相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。
吉枝さんがいろいろな角度から多数のビジネスを提案してくださったのに、
否定的な返答ばかりして申し訳ありません。
ですが、吉枝さんとお話ししたことで、○○○関係のビジネスを行う上で
何が自分にとってストレスとなるか(結果、長続きしないか)がわかり、非常に勉強になりました。
やはり第三者の目(自分と違った角度からの視点)は、ビジネスプランを考える上で大事だと思いました。
またご相談させていただくことになるかと思いますので、その際はどうぞよろしくお願いします。

 

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵