女性起業UPルームHOME > よくあるご相談&回答 > 女性起業家たまご塾 資金計画表の書き方 はじめの一歩「売上高」

女性起業家たまご塾 資金計画表の書き方 はじめの一歩「売上高」

女性起業家たまご塾 第7期に たくさんのお申込みありがとうございました。

 

おかげさまで 定員の倍近いお申込みを頂きまして、

申込書に書いていただいた ビジネスプランの内容を元に

講師の 上岡先生 を含め 複数人で いくつかの観点から 採点させていただいて

選考を行っているところです。

 

たくさんの お申込書を拝見していて

「とてもいいプランなのに もったいないなぁ~」

と感じていますのが 資金計画表の部分が まったく 真白で いらっしゃる方です。

 

資金計画がわからないから たまご塾に申し込みたいのに・・・ と思われるかもしれないのですが、

選考になってしまった時は やっぱり 真っ白は もったいない~。

 

あいまいでも いいので やっぱり 少しでも 埋めていただければ

いいのに と思っています。

 

特に、参加できる方と そうでない方の 境目の方は たくさんいらして

その1点の差が 資金計画表を 少しでも埋めておいていただければ・・・

とも 思うプランの方もいらっしゃるのです。

 

一番 悩ましいのは、

開業後の見通し(月平均) の「売上高」 のところでしょうか?

 

これについては

まず 客単価 もしくは 商品単価 をおおむね決めていただく必要があります。

 

客単価で言えば、

一人当たり いくらくらい 払ってくれる お客さんが 1日何人来てくれのか?

それを 1か月に何日 営業するのか?

その掛け算の式を 右の 試算根拠のところに書いて 計算したものが

「売上高の予想値」 になります。

 

商品単価で考える場合は

 

いくらのものが 一日いくつ売れて 何日営業日があるので 月いくらの売り上げになるのか?

価格 × 個数 × 営業日

 

という掛け算になります。

 

事業の形態によっては 必ずしも 上記はあてまはまりませんが

おおむね こんな感じで考えてみてはどうでしょうか?

 

ですので、

まずは 『商品やサービスをいくらで売るのか?』

 

を決めるところが 最初ですね。

 

これが なかなか 悩みどころではありますが・・・

「いくらで売るの」 が決まっていないと みなされてしまうので 仮で いいので 埋めてみて欲しいところです^^

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵