女性起業UPルームHOME > よくあるご相談&回答 > <経理>扶養に入ったままで働きたいが、ラインはどれくらい?

<経理>扶養に入ったままで働きたいが、ラインはどれくらい?

Q.子供も小さいので、しばらくは無理のない範囲で仕事をしていきたいと思っています。

収入がいくらまでだと夫の扶養に入ることが出来ますか?

 

A.

ご自身が働くことで、税負担が増え、世帯収入が減っては困る・・・、、
このような場合、よくパートやアルバイト収入が103万円を超えなければOK、といいますよね。


では、個人で仕事をしている人は、何を基準に判断するのでしょうか?売上?利益?


答えは、ご本人のその年の利益の額です(正しくは所得といいます)。
年間所得が38万円以下であれば、扶養家族の範囲内となります。
ただし、所得が35万円を超えると扶養の範囲内であっても、ご本人に住民税がかかりますので、
ご注意ください。


なお、税扶養からはずれ、ご本人に健康保険・年金負担がかかったとしても、
所得が年150万円を超えれば、世帯収入は増加します。


<お給料収入だけの方>

・給与収入103万円-給与所得控除 65万円= 給与所得 38万円 【扶養の範囲内】

お給料からは、給与所得控除というお給料の額に連動した控除があります。

その最低額が65万円なので、38万円+65万円で、103万円が扶養のラインになります。

 

<個人事業収入だけの方>

・白色申告の場合

 事業収入(売上)-必要経費 ≦ 事業所得  38万円 【扶養の範囲内】

 

・青色申告の場合

 事業収入(売上)-必要経費-青色申告特別控除(10万円または65万円)

≦  事業所得 38万円 【扶養の範囲内】

 

 例えば売上が200万円あって、経費が100万円の場合、

白色申告だと200万円-100万円=100万円>38万円で扶養には入れませんが、

青色申告だと 200万円-100万円-65万円=35万円> で、扶養の範囲内です。

 

<お給料収入+事業収入の方>

 給与所得 + 事業所得 ≦ 38万円

 例えば、給与収入120万円-給与所得控除65万円= 給与所得 55万円

   事業収入100万円-経費120万円=事業所得 △20万円 を相殺しても、扶養の範囲内です。

 

(回答:税理士・行政書士 太田靖子さん)

 

→ 「こんな場合はどうなるの?」 経理の個別相談は「女性起業家のための税務&行政書士相談」