女性起業UPルームHOME > よくあるご相談&回答 > <HP診断の事例から>お教室のホームページからの集客について

<HP診断の事例から>お教室のホームページからの集客について

先日 ホームページ診断の ご利用を頂いた女性起業家さんは とあるメソッドの子ども向けのお教室でいらっしゃいました。

 

ホームページを開設したものの まったく お問い合わせがない とのこと。

 

 

検索から ホームページにたどりついて お問い合わせやお申込みを頂くことを考える時に

まず 考えていただきたいのは

「どんなキーワードで 検索してくる人に お客さんになってもらいたいか。」

です。

 

人気のメソッドのお教室でし たら まず そのメソッド名による検索 はある程度期待できるでしょう。

(でも 認知度やトレンドや競合状況によるので ケースバイケースです。)

 

その 検索キーワード選びが お客さんが実際に使う言葉と ずれてしまっていると

まず アクセスが 集まらない、 探している人に見つけてもらえない ホームページになってしまいますね。

 

よくあるのが

何か その分野の資格や勉強をされた時に その学校や協会などが使っていた言葉や

その業界で使われている プロ用の言葉をそのまま使っていらしたり

ということです。

 

その分野で しっかり勉強してきた方ほど 一般的な方たちが使う用語がわからなくなってしまっている

ということがありますので 要注意ですね。

 

また、ブログなどを拝見していて、 ご自分には 当たり前になりすぎていて

肝心な 検索キーワードが抜けちゃった記事タイトルで 書いていらっしゃる例は 本当によく見かけます。

 

例えば 「一日 セミナー」 というタイトルで記事を書いてしまうと

検索キーワードは入ってきませんし、

目にした人も 中身を読まないと 内容がわからないので 興味をひかれませんよね。

 

書いている方は

「このブログは ○○○ についてのブログを書いているんだから 当たり前すぎるでしょ。」

と思っていらしゃるかも知れませんが

 

初めて訪れて読む人にとっては ??? です。

 

ちょtと意識して書くだけで アクセス数が 変わってきますので ぜひ 気を付けてみてくださいね。

 

 

この「検索キーワードを考える」ことは

ビジネスを考えるのに 大事な

「お客さん視点を持つ」 という意味でも 大事なポイントだと思ってます。

 

 

ご相談の方からは こんなうれしい感想を頂きました!

 

・「尋ねたいことすべて 例を出して 具体的に答えを頂いて よかった。

・希望したいことなど 気持ちに寄り添って 熱意ある対応をして頂いた。

・問題点を的確に挙げてくださって 対応例が具体的でわかりやすかった。」

 

ご相談のご利用ありがとうございました!

 

≫ 起業準備相談・ホームページ診断のご利用については こちら

 

 

 

(女性起業UPルーム ナビゲータ 吉枝 ゆき子)吉枝にがお絵