女性起業UPルームHOME > メルマガバックナンバー > 【女性起業UPルーム】女性起業家たまご塾前期コースの締切間近!

【女性起業UPルーム】女性起業家たまご塾前期コースの締切間近!

メールマガジンを配信しました。

次回以降 配信ご希望の方はこちらからご登録ください。

≫ 女性起業UPルームメールマガジン

 

 

・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・

女性起業UPルーム (公財)横浜市男女共同参画推進協会

~「すべての女性の可能性にチャンスを!」起業応援メールマガジン~

第92号 2017年5月11日

・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・

みなさん こんにちは!女性起業UPルーム ナビゲーターの吉枝です。

4月8日(土)に開催した、起業準備セミナー<ビジネスプラン編>には たくさんのご参加をいただきました。

たまご塾修了生の末吉さんの体験談が、 「身近で具体的、とっても参考になった」との感想が聞かれました。

5月15日(月)は引き続き、起業準備セミナー<資金計画編>を開催予定です。

さて、

起業相談でお話を伺っていて

そういうサービスは確かにあればいいし、 あれば使いたい人はいるけれど、

それでも成り立ちにくいビジネス、って、やっぱりある、と思います。

例えば、最近、増えており、メディアで取り上げられることが多い

『育児中のママの起業をサポートする保育サービス付きシェアオフィス』。

会社勤めは、育児との両立が難しいし、昨今、保育園も入りづらい。

ならば、自分で起業すれば、ワークライフバランスもばっちり!

保育サービスも用意されれば、女性が働くためのハードルがすべてなくなる!

何とも、願ったり、叶ったりの待ちに待った素晴らしいサービス!

といった期待値をこめて、メディアも注目するのでしょう。

でも、実際に、利用するのに必要な金額を見てみると

月額の利用料にプラスして時間単位で保育料がかかるなど、 それなりに費用がかかり

たまに利用するのはいいけれど、 定額利用者として契約できる女性起業家さんは一部でしょう。

シェアオフィスや保育に払う金額以上に、 最初から売り上げを上げていくのは、大変なことです。

また、実際、子育てしながら起業する女性の起業家さんが一番困難を感じるのは 「仕事が入っている時の子どもの熱」 ^^^^^^^^^^^^^^^^^

病児保育まで対応できているところは、なかなかなく、

それは、会社で働く女性と同じで、

子育てしながらの仕事で一番ネックになってしまうところは、 残念ながら解消されていないのです。

実際、保育付きシェアオフィスを開いたものの 利用者が思ったほど集まらない、というご相談を頂いたこともあります。

自治体や大学から、調査協力の依頼もあるほど注目度は高いそうです。

でも、預けるのに便利な場所ほど家賃も高いですし、

保育士さんに払う費用も発生する。

・・・となると、

実際の利用者が出せる金額と

成り立たせるために必要な利用料との金額に差ができてしまい、

「ニーズはあるはずなのに、利用者が増えない・・・」

ということが起こってしまいます。

たまご塾の前期コースの中でも、1回目、2回目と 市場のニーズ調査や競合調査をしていくのですが、

その段階では、確かなニーズもあるし、競合も少ない、 とてもすばらしいプランに思えるものが

3回目の資金計画で数字に落とし込む段階で、

「ん~ これじゃ、成り立たない・・・・」

という壁にぶつかることはよくあります。

こういう時には、『発想の転換』が必要です。

注目度が高い、「保育サービス付きシェアオフィス」というサービスは 看板として掲げつつも、

「より確実に、その費用が払える別のユーザー」

の利用を確保する形に視点を変えます。

もしくは、

「より定額で、固定的に払ってもらえるサービス」を追加します。

具体的には、アドバイスさせていただいた内容を含むので ここでは伏せますが、

多くの社会起業などもそうです。

ダイレクトにサポートしたい人からお金がもらえない場合には 「いかに、払える別の方からお金を頂くか」

に知恵を絞る必要があります。

特に、

家賃など固定費がかかるビジネスの場合には、 維持していくためにこの視点が欠かせません。

『しっかり利益を得られる分野を持っているからこそ

本当にサポートしたい人にサービスを提供できる余裕が持てる』

のです。

このあたり、とても素直に誰かのために提供しようと がんばってしまう女性は多いので

ちょっぴり「ずるがしこさ」を持ってプランを考えるといいんじゃないかな、

と思います。

たまご塾前期コースに参加された方のプランのブラッシュアップ、 私もサポーターとしてお手伝いしています。

ぜひ、ご参加ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

●売れる仕組み、儲かる仕組み作りを考えて起業したい方のための

【起業家たまご塾 第11期 前期「ビジネスプラン完成コース」】

(株)キャラウィット代表取締役・中小企業診断士の上岡実弥子さんを   塾長にお招きして開講します。

今年は、6月開講と、開講時期が早まりました!

5月17日正午、申込書必着です。(次回の開催は翌年になります。)

☆女性起業家たまご塾 第11期 前期「ビジネスプラン完成コース」

詳しくはこちら

→ http://www.uproom.info/beginner/tamagozenki2017html.html

☆申込書には事業プランを記入いただいています。

事業プランの書き方などのご相談は起業準備相談をご利用ください。

https://ssl.netpro-server.jp/uproom/yoyaku/yoyaku_form.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 女性起業UPルーム これからのセミナー・イベント ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月~6月開催予定のセミナー・イベントはこちら。

■女性のための起業準備セミナー(資金計画編)<残席わずか>

「収益が出るビジネスプランをつくろう」

事業を続けるには、売上をあげることが大事。

セミナーでは事業計画書や資金計画のつくり方を学び、 シミュレーションしてみます。

環境調査やマーケティングの基本もケーススタディで学びます。

【講師】 (株)キャラウィット代表取締役・中小企業診断士 上岡実弥子

【日時】 : 2017年5月15日(月) 10:00-12:30

【場所】 : 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野)

2F セミナールーム ※こちらの会は【あざみ野】で開催です。

☆詳しくはこちら

http://www.uproom.info/seminar-info/514.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2 起業準備相談・ホームページ&ブログ相談 ご予約受付のお知らせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相談ご利用者のなんと99%の方が「大変良かった」「良かった」と評価して 下さいました!

4月より横浜市外の方の料金が改定になりましたのでご注意ください。

(女性起業UPルームは横浜市の市民利用施設が運営しています。

ご理解くださいますようお願いします。)

5月の予約はただ今、受付中です。

6月の予約は、横浜市内の方は5月15日以降、市外の方は5月20日以降承ります。

■『起業準備相談』

≪予約制 1回 約1時間 1,000円(横浜市内の方)≫

※4月より横浜市外の方は1回1,500円となりました。

「だいぶ考えるべきことが分かってきました!」 「一人で考えていると 堂々めぐりで... ヒントを色々いただきました。」

ご利用の方には このように言っていただいている 起業準備相談。 予約は 空いている時間がすぐにわかるお電話が便利です。

<ご相談内容の例>

・こんなアイデアを持っているけれど、何から始めたらいい?

・こんなふうに始めてみたけれど、今一歩広げるためにどうしたらいい?

■ 『ホームページ&ブログ相談』

≪予約制 1回 1時間 2,000円(横浜市内の方)≫

※4月より横浜市外の方は1回2,500円となりました。

すでに起業してホームページやブログをお持ちの方向けに、 「ホームページ&ブログ相談」サービスを行っています。

ご利用頂いた方からは、

「具体的なHP改善方法や仕事のアドバイスを ありがとうございました。 客観的にお客さんの目でみて、きちんと伝わるページになっているのか 不安でしたが、色々気づかなかった改善点など発見ができました。」 との声も。

<ご相談内容の例>

・ホームページを作ってみたが、なかなか売上アップにつながらない...

・アクセス数を上げるためにどんな改良や対策がとれるか?

詳しくはこちら

→ http://www.uproom.info/about/up_43.html

☆いずれも母子家庭等経済的に困難な横浜市在住・在勤・在学の方には 相談料の免除制度あり(必要条件・手続きあり)

─[編集後記]──────────────────────────────

電車がホームに滑り込んで来るのを見たとき、 あなたは走りこんで乗るほうですか?

私は絶対走って乗るタイプなんです(笑) 駆け込み乗車は危険なので、無理やりはだめですけどね。

がんばって乗った電車のおかげで、次の電車も早いのに乗れたりすると 「絶対、得した!」って思うんです。

何しろ、ホームで電車を待ってる時間が嫌いなので。

たまご塾前期コースの応募も今回逃すと次回はまた来年。

たまご塾後期コース「ホームページ設計コース」まで参加したら 今年度中にはホームページが立ち上がってビジネスのスタートがきれます。

今年動き出すか、来年に見送るかは、大きいのではないでしょうか。

(女性起業UPルームナビゲーター 吉枝ゆき子)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

女性起業UPルームは、日本マイクロソフト株式会社と横浜市、および

(公財)横浜市男女共同参画推進協会が協働し、2007年6月に開設した  女性の起業支援拠点です。

【発行元】(公財)横浜市男女共同参画推進協会

〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1

男女共同参画センター横浜 内/女性起業UPルーム

http://www.uproom.info/

Tel・Fax:045-862-4749

・このメールマガジンの送信元メールアドレスには返信できません。

・ご意見・ご感想はこちらまで:upnavi@women.city.yokohama.jp

・メルマガの配信解除はこちら:http://www.uproom.info/mail-about.php

・このメールマガジンの転送はOKですが、掲載記事の無断転載を禁じます。

Copyright(C)2007 All rights reserved. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛