女性起業UPルームHOME > メルマガバックナンバー > 【メルマガ】女性起業家たまご塾8期 前期コースの募集が始まりました

【メルマガ】女性起業家たまご塾8期 前期コースの募集が始まりました

 

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
  女性起業UPルーム (公財)横浜市男女共同参画推進協会
  ~「すべての女性の可能性にチャンスを!」起業応援メールマガジン~
                       第60号 2014年7月18日
・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
みなさん こんにちは!女性起業UPルーム ナビゲーターの吉枝です。
今年は 例年以上に「女性起業家たまご塾に入りたいんです。」とおっしゃる方の
セミナーへのご参加が多く、
先日、申込書の申請受付を開始しましたが、既にたくさんの申請を頂いています。
今年の前期コースは 中小企業診断士の上岡先生からのご提案もあって
特に「数字でビジネスを考えるワーク」を毎回取り入れる形で
講座内容を強化しました。
確かにニーズもあるけど、
必要な人件費や場所代や手間などを考えると
なかなか成り立ちにくいビジネスって
あるんですよね。
これまで たまご塾の1回目、2回目、3回目の内容である
ニーズ調査や競合調査、差別化ポイント などでは
順調に「行ける 行ける!」というプランも
4回目の資金計画の段階になって
売り上げ予測を立てたり、経費を見積もってみたところ
「ん~思っていたより厳しい!全然儲からない!」
とショックを受ける方もいらしたので
「もうちょっと早くから『数字で考える』ことをしてもらいましょう」
ということにしました。
起業準備相談の事前ヒアリングで
ビジネスの内容と収入の目標をお聞きしていますが
起業を志すときには
ビジネスの内容は 「自分がやりたい好きなコト」で
収入の目標は 「会社勤めをしていた時以上」
という目標を 描いてしまいがちですが
なかなか道は厳しいです。
起業、創業した事業の廃業率は
概ね 1年以内で30~40%、3年以内70%、10年以内80%
と言われています。
この数字は いかに継続していくことが難しいか を物語っています。
あれだけ メディアに取り上げられた「メイド喫茶」も
半数以上が 閉店に追い込まれているそうですね。
そもそも普通のカフェ以上に手厚い接客が必要な事業スタイルで
上乗せされる人件費分を
お客さんにより高く支払ってもらえる付加価値を提供できないと
成り立たないビジネスモデル。
固定費が抑えられていて 確実に利益が取れるビジネスは
長く続いていくことができますが
経費がかかるビジネスモデルは、
価格競争になって 利益が取れなくなると あっという間に
成り立たなくなります。
資金力や、マンパワーがかけられないことが多い
女性の起業では
長く継続できるビジネスモデルであることは 大事ですね。
珍しさで一時的にはメディアに取り上げられたお店であっても
「本当に利益が出て維持できる継続性はあるのかしら?」
と思っていたら
「フランチャイズ」に乗り出して
「本業ではなくフランチャイズ料で利益を得ている?」
と思うビジネスや
「フランチャイズの契約先に 購入してもらう設備で元が取れるから
その後 事業がうまくいくかどうかは 本体には関係ない」
そんな内容もあります。
フランチャイズに限らず
「ビジネスモデルが ちゃんと利益が出る構造になっているのか」
それを検証して始めることは大事ですね。
孫正義さんも粗利を重視する経営をされているそうです。
「利益を上げるには、
『粗利以上に経費を使わない』という単純な原則だけを頭に入れておけばいい」
と口にされているとか。
「売上ー売上原価」=粗利
先日の起業準備セミナーの実践編で 売り上げと経費を見積もるワークでも
「あ~ これじゃあ ちっとも儲からないじゃん。」
というため息が あちこちから聞こえました。
そう、そこからが 頭のひねりようですね。
「どうしたら 利益を増やせるのか?」
ビジネスは 単純には うまくいかない。
工夫の余地があるから 面白い! と思います。
数字のワークが強化された 女性起業家たまご塾で
ぜひ、
「あーでも ない こーでもない」と頭を悩ませながら
「儲かるビジネスモデル」を考えていただきたいと思います。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
●売れる仕組み、儲かる仕組み作りを考えて起業したい方のための
【起業家たまご塾 第8期「事業プラン完成コース」】
「今年はいつから募集開始ですか?」とたくさんのお問い合わせを
頂いています。
中小企業診断士の上岡実弥子さんを塾長にお招きして開講します。
お待たせいたしました。申し込みのご案内を開始しました。
〆切は9月8日(月)。
☆女性起業家たまご塾 第8期 前期「事業プラン完成コース」
詳しくはこちら
→ http://www.uproom.info/beginner/tamagozenki2014.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1 女性起業UPルーム これからのセミナー・イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 11/ 9(日) 「横浜ウーマンビジネスフェスタ2014」
ブース出展者&プレゼンター募集!!
横浜市経済局では、女性起業家・経営者、起業を目指す女性がともに学び合い、
つながりあえる場として、市内の女性起業家が中心となり
「横浜ウーマンビジネスフェスタ2014」を開催します。
UPルームを運営する(公財)横浜市男女共同参画推進協会も参画しています。
特別講演会には
林文子横浜市長による 応援メッセージのほか
株式会社 イー・ウーマンの代表取締役社長
佐々木かをりさんが 来てくださるそうですよ!
●日 時  平成26年11月9日(日) 10:00~
●場 所 パシフィコ横浜アネックスホール
開催に先立ち
今、「よこはまマルシェ」として開催される当日の出展者ブースの出展者と
プレゼンテーションプログラム「CHEER!」における
ビジネスプランおよびパフォーマンスのプレゼンターを
募集しています。
いずれも 応募締切が
2014年8月8日(金)必着 ですので 出展希望の方はお見逃しなく!!
◆お申込み・詳細はこちら
横浜ウーマンビジネスフェスタHP
http://yokohamawobizfesta.com/
◆お問合せ先
 横浜ウーマンビジネスフェスタ実行委員会事務局
(横浜市経済局 経営・創業支援課)
 TEL:045-671-3828
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 起業準備相談・ホームページ診断 ご予約受付のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご相談利用者のなんと100%の方が「大変良かった」「良かった」と評価して
下さいました!遠方からのご利用もいただいています。
  『起業準備相談』 ≪予約制 1回1,000円 約1時間≫
  「だいぶ考えるべきことが分かってきました!」
  「一人で考えていると 堂々めぐりで… ヒントを色々いただきました。」
  ご利用の方には このように言っていただいている 起業準備相談。
  予約は 空いている時間がすぐにわかるお電話が便利です。
  <ご相談内容の例>
  ・こんなアイデアを持っているけれど、何から始めたらいい?
  ・こんなふうに始めてみたけれど、今一歩広げるためにどうしたらいい?
  『ホームページ診断』 ≪予約制 1回 1時間 2,000円≫
  すでに起業してホームページをお持ちの方向けに、
  「ホームページ診断」サービスを行っています。
  利用頂いた方からは、
  「具体的なHP改善方法や仕事のアドバイスを
  ありがとうございました。
  客観的にお客さんの目でみて、きちんと伝わるページになっているのか
  不安でしたが、色々気づかなかった改善点など発見ができました。」
  との声も。
  <ご相談内容の例>
  ・ホームページを作ってみたが、なかなか売上アップにつながらない…
  ・アクセス数を上げるためにどんな改良や対策がとれるか?
  詳しくはこちら
  → http://www.uproom.info/about/up_43.html
  ☆いずれも母子家庭等経済的に困難な横浜市在住・在勤・在学の方には
   相談料の免除制度あり(必要条件・手続きあり)
※お申込み受付開始日が変更になりました!
2014年4月実施分より市内の方:前月15日から、市外の方:前月20日からの
お申込み受付となりました。ご了承ください。
─[編集後記]──────────────────────────────
全体的に価格を上げても許される風潮もある中
以前は 350ml缶が120円、500ml缶が150円 という価格で並んでいた
自動販売機に並ぶ飲み物の価格も バラつきが出てきましたね。
同じ350ml缶の飲み物でも 130円、140円 と高めの値段がついているものが
混じるようになりました。
この商品は高くても売れるために他と何を変えているのだろう?
と考えながら覗き込んでいると
「高くても売れる」ためのアイデアが見えてきて面白いですね。
ただ、時々、凝りすぎたパッケージに 中身を勘違いして買っちゃうこともあり、
「なんとかカフェ」と書かれていてコーヒーかと思ったら抹茶ラテでした。(泣)
  (女性起業UPルームナビゲーター 吉枝ゆき子)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
女性起業UPルームは、日本マイクロソフト株式会社と横浜市、および
(公財)横浜市男女共同参画推進協会が協働し、2007年6月に開設した
女性の起業支援拠点です。
【発行元】(公財)横浜市男女共同参画推進協会 
〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1
男女共同参画センター横浜 内/女性起業UPルーム
http://www.uproom.info/
Tel・Fax:045-862-4749
・このメールマガジンの送信元メールアドレスには返信できません。
・ご意見・ご感想はこちらまで:upnavi@women.city.yokohama.jp
・メルマガの配信解除はこちら:http://www.uproom.info/mail-about.php
・このメールマガジンの転送はOKですが、掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C)2007 All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

  女性起業UPルーム (公財)横浜市男女共同参画推進協会

 

  ~「すべての女性の可能性にチャンスを!」起業応援メールマガジン~

 

                       第60号 2014年7月18日

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 

みなさん こんにちは!女性起業UPルーム ナビゲーターの吉枝です。

 

今年は 例年以上に「女性起業家たまご塾に入りたいんです。」とおっしゃる方の

セミナーへのご参加が多く、

 

先日、申込書の申請受付を開始しましたが、既にたくさんの申請を頂いています。

 

今年の前期コースは 中小企業診断士の上岡先生からのご提案もあって

特に「数字でビジネスを考えるワーク」を毎回取り入れる形で

講座内容を強化しました。

 

確かにニーズもあるけど、

必要な人件費や場所代や手間などを考えると

なかなか成り立ちにくいビジネスって

あるんですよね。

 

これまで たまご塾の1回目、2回目、3回目の内容である

ニーズ調査や競合調査、差別化ポイント などでは

 

順調に「行ける 行ける!」というプランも

 

4回目の資金計画の段階になって

売り上げ予測を立てたり、経費を見積もってみたところ

 

「ん~思っていたより厳しい!全然儲からない!」

 

とショックを受ける方もいらしたので

 

「もうちょっと早くから『数字で考える』ことをしてもらいましょう」

 

ということにしました。

 

起業準備相談の事前ヒアリングで

ビジネスの内容と収入の目標をお聞きしていますが

 

起業を志すときには

 

ビジネスの内容は 「自分がやりたい好きなコト」で

 

収入の目標は 「会社勤めをしていた時以上」

 

という目標を 描いてしまいがちですが

なかなか道は厳しいです。

 

起業、創業した事業の廃業率は

概ね 1年以内で30~40%、3年以内70%、10年以内80%

と言われています。

 

この数字は いかに継続していくことが難しいか を物語っています。

 

あれだけ メディアに取り上げられた「メイド喫茶」も

半数以上が 閉店に追い込まれているそうですね。

 

そもそも普通のカフェ以上に手厚い接客が必要な事業スタイルで

上乗せされる人件費分を

お客さんにより高く支払ってもらえる付加価値を提供できないと

成り立たないビジネスモデル。

 

固定費が抑えられていて 確実に利益が取れるビジネスは

長く続いていくことができますが

 

経費がかかるビジネスモデルは、

価格競争になって 利益が取れなくなると あっという間に

成り立たなくなります。

 

資金力や、マンパワーがかけられないことが多い

女性の起業では

長く継続できるビジネスモデルであることは 大事ですね。

 

珍しさで一時的にはメディアに取り上げられたお店であっても

 

「本当に利益が出て維持できる継続性はあるのかしら?」

 

と思っていたら

 

「フランチャイズ」に乗り出して

「本業ではなくフランチャイズ料で利益を得ている?」

 

と思うビジネスや

 

「フランチャイズの契約先に 購入してもらう設備で元が取れるから

その後 事業がうまくいくかどうかは 本体には関係ない」

 

そんな内容もあります。

 

フランチャイズに限らず

「ビジネスモデルが ちゃんと利益が出る構造になっているのか」

 

それを検証して始めることは大事ですね。

 

孫正義さんも粗利を重視する経営をされているそうです。

 

「利益を上げるには、

『粗利以上に経費を使わない』という単純な原則だけを頭に入れておけばいい」

 

と口にされているとか。

 

「売上ー売上原価」=粗利

 

先日の起業準備セミナーの実践編で 売り上げと経費を見積もるワークでも

 

「あ~ これじゃあ ちっとも儲からないじゃん。」

 

というため息が あちこちから聞こえました。

 

 

そう、そこからが 頭のひねりようですね。

 

「どうしたら 利益を増やせるのか?」

 

ビジネスは 単純には うまくいかない。

工夫の余地があるから 面白い! と思います。

 

 

数字のワークが強化された 女性起業家たまご塾で

ぜひ、

 

「あーでも ない こーでもない」と頭を悩ませながら

 

「儲かるビジネスモデル」を考えていただきたいと思います。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

●売れる仕組み、儲かる仕組み作りを考えて起業したい方のための

 

【起業家たまご塾 第8期「事業プラン完成コース」】

 

「今年はいつから募集開始ですか?」とたくさんのお問い合わせを

頂いています。

 

中小企業診断士の上岡実弥子さんを塾長にお招きして開講します。

お待たせいたしました。申し込みのご案内を開始しました。

〆切は9月8日(月)。

 

☆女性起業家たまご塾 第8期 前期「事業プラン完成コース」

詳しくはこちら

 

→ http://www.uproom.info/beginner/tamagozenki2014.html

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1 女性起業UPルーム これからのセミナー・イベント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 11/ 9(日) 「横浜ウーマンビジネスフェスタ2014」

ブース出展者&プレゼンター募集!!

 

横浜市経済局では、女性起業家・経営者、起業を目指す女性がともに学び合い、

つながりあえる場として、市内の女性起業家が中心となり

「横浜ウーマンビジネスフェスタ2014」を開催します。

 

UPルームを運営する(公財)横浜市男女共同参画推進協会も参画しています。

 

特別講演会には

林文子横浜市長による 応援メッセージのほか

株式会社 イー・ウーマンの代表取締役社長

佐々木かをりさんが 来てくださるそうですよ!

 

●日 時  平成26年11月9日(日) 10:00~

●場 所 パシフィコ横浜アネックスホール

 

開催に先立ち

今、「よこはまマルシェ」として開催される当日の出展者ブースの出展者と

プレゼンテーションプログラム「CHEER!」における

ビジネスプランおよびパフォーマンスのプレゼンターを

募集しています。

 

いずれも 応募締切が

2014年8月8日(金)必着 ですので 出展希望の方はお見逃しなく!!

 

 

◆お申込み・詳細はこちら

 

横浜ウーマンビジネスフェスタHP

http://yokohamawobizfesta.com/

 

◆お問合せ先

 

 横浜ウーマンビジネスフェスタ実行委員会事務局

(横浜市経済局 経営・創業支援課)

 TEL:045-671-3828

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2 起業準備相談・ホームページ診断 ご予約受付のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご相談利用者のなんと100%の方が「大変良かった」「良かった」と評価して

下さいました!遠方からのご利用もいただいています。

 

  『起業準備相談』 ≪予約制 1回1,000円 約1時間≫

 

  「だいぶ考えるべきことが分かってきました!」

  「一人で考えていると 堂々めぐりで… ヒントを色々いただきました。」

 

  ご利用の方には このように言っていただいている 起業準備相談。

  予約は 空いている時間がすぐにわかるお電話が便利です。

 

  <ご相談内容の例>

  ・こんなアイデアを持っているけれど、何から始めたらいい?

  ・こんなふうに始めてみたけれど、今一歩広げるためにどうしたらいい?

 

  『ホームページ診断』 ≪予約制 1回 1時間 2,000円≫

 

  すでに起業してホームページをお持ちの方向けに、

  「ホームページ診断」サービスを行っています。

 

  利用頂いた方からは、

 

  「具体的なHP改善方法や仕事のアドバイスを

  ありがとうございました。

  客観的にお客さんの目でみて、きちんと伝わるページになっているのか

  不安でしたが、色々気づかなかった改善点など発見ができました。」

  との声も。

 

  <ご相談内容の例>

  ・ホームページを作ってみたが、なかなか売上アップにつながらない…

  ・アクセス数を上げるためにどんな改良や対策がとれるか?

 

  詳しくはこちら

 

  → http://www.uproom.info/about/up_43.html

 

  ☆いずれも母子家庭等経済的に困難な横浜市在住・在勤・在学の方には

   相談料の免除制度あり(必要条件・手続きあり)

 

※お申込み受付開始日が変更になりました!

2014年4月実施分より市内の方:前月15日から、市外の方:前月20日からの

お申込み受付となりました。ご了承ください。

 

─[編集後記]──────────────────────────────

 

全体的に価格を上げても許される風潮もある中

以前は 350ml缶が120円、500ml缶が150円 という価格で並んでいた

自動販売機に並ぶ飲み物の価格も バラつきが出てきましたね。

同じ350ml缶の飲み物でも 130円、140円 と高めの値段がついているものが

混じるようになりました。

この商品は高くても売れるために他と何を変えているのだろう?

と考えながら覗き込んでいると

「高くても売れる」ためのアイデアが見えてきて面白いですね。

ただ、時々、凝りすぎたパッケージに 中身を勘違いして買っちゃうこともあり、

「なんとかカフェ」と書かれていてコーヒーかと思ったら抹茶ラテでした。(泣)

 

  (女性起業UPルームナビゲーター 吉枝ゆき子)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

女性起業UPルームは、日本マイクロソフト株式会社と横浜市、および

(公財)横浜市男女共同参画推進協会が協働し、2007年6月に開設した

女性の起業支援拠点です。

 

【発行元】(公財)横浜市男女共同参画推進協会 

〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1

男女共同参画センター横浜 内/女性起業UPルーム

http://www.uproom.info/

Tel・Fax:045-862-4749

・このメールマガジンの送信元メールアドレスには返信できません。

・ご意見・ご感想はこちらまで:upnavi@women.city.yokohama.jp

・メルマガの配信解除はこちら:http://www.uproom.info/mail-about.php

・このメールマガジンの転送はOKですが、掲載記事の無断転載を禁じます。

Copyright(C)2007 All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛